適当な更新でコメント(1)を目指す

古い記事でも気軽にコメしていってね!

高コストパフォーマンスな自作LEDライト  [2018/02/15]

過去にチープな自作ライトを作ったが、時代はLED。
そこで電球型LEDを使って、より高コストパフォーマンスな水槽用自作LEDライトを作った。
材料をより簡略化したため、前回よりも初期費用を抑えることにも成功しました。

DSC_0002 (1280x960)
使用したLEDはこちら。
かなり前に買ったので、値段は忘れてしまった。
効率も5.6wで485lmなので、485/5.6=86.6 lm/wと現在主流のLEDとしてはいまいち。
現在ならダイソーで昼光色40W型485lm4.4Wが324円、60W型810lm7.3Wが432円で買えます。
共に110lm/Wを超える高効率で、私が好きな昼光色。

DSC_0001 (1280x960)
とりあえず殻割。
道具も使うことなく、意外と簡単に外せました。
私はなるべく高効率で使いたいので、光のロスとなるカバーはなるべく外すようにしています。
水槽照明としての配光的にも、カバーはない方が良い。

DSC_0003 (1280x960)
LEDチップはこんな感じ。

DSC_0006 (1280x960)
さらに高効率化を目指して、お菓子などに使われているアルミ蒸着フィルムを用意します。

DSC_0007 (1280x960)
LEDと同じサイズに丸くカット。

DSC_0005 (1280x960)
ショートしないように、露出している端子にビニールテープを貼り付け。
アルミ蒸着フィルムはアルミホイルと違って、ビニールに覆われているので通電はしませんが、念のため保護しておきます。

DSC_0008 (1280x960)
テープで仮止めしてから

DSC_0009 (1280x960)
LEDの部分を切り抜いてから、耐熱性のある接着剤で接着します。
今回はスーパーXで接着しました。

DSC_0011 (1280x960)
アルミ蒸着フィルムが浮き上がらないように、接着剤が固まるまでしっかりと押えます。

DSC_0012 (1280x960)
はみ出した接着剤にティッシュがくっついてしまいましたが、丁寧に取り除いてからアルコールでLEDチップをきれいにすれば問題ありません。

DSC_0016 (1280x960)
次にシェードを作ります。
今回は加工のしやすさと値段を考えて、紙コップを使いました。
まずは底を切り取ります。

DSC_0017 (1280x960)
内側にアルミテープを貼ります。
今回は手間を省くためにアルミテープを使いましたが、アルミホイルでも問題ありません。

DSC_0018 (1280x960)
こんな感じに貼りました。
後で切り捨てる部分もあるので、全面に貼る必要はありません。

DSC_0019 (1280x960)
LEDにかぽっとハメて

DSC_0020 (1280x960)
不要な部分をカットします。
後で配光テストをしますが、それで問題なければ外れないように接着剤で軽く接着します。

DSC_0021 (1280x960)
中はこんな感じ。

DSC_0026 (1280x960)
配光テストをします。
これは比較対象のコトブキフラットLED600です。
恐らく旧型の825lm14Wだと思われます。
新型でも1130lm14Wです。
お値段は6000円くらい。
新型でも100lm/W未満の性能で微妙ですね。
専用品は高い&使われているLEDチップが古く、低効率になりがちです。

DSC_0027 (1280x960)
こちらが今回作った物。
485lm5.6Wならこんなもんかな?
60cm水槽なら複数設置が必要です。
30キューブとかなら一つでもいいかも。
今回は古いLEDを使ったので、新しいLEDならより高効率の物ができます。
今ならダイソーの60W型810lm7.3Wが432円で、コスパ最高だと思います。
ソケットは手持ちのものを使いました。
当時の値段で400円くらいだったと思います。
現在の値段なら600円くらいで手に入る模様。

DSC_0028 (1280x960)
通常サイズの紙コップでシェードを作りましたが、意外とシェードが小さく感じたので、少し大きい紙コップで作り直しました。
シェードを紙コップで造る利点は、安くて簡単に加工でき、作り直しも楽です。
また、シェード自体を変形させることもできます。
例えばキューブ水槽なら、シェードを四角く折り曲げて、四角い配光にすることもできます。

DSC_0030 (1280x960)
ソケットが意外と高いので、コードを直接繋げました。
コードはジャンク家電から拝借。
ジャンク家電がなければ100円ショップの延長コードでも切れば良いです。
交流で±は気にしなくてもいいので、片方をねじ山部、片方を尻の部分にハンダで繋げます。

DSC_0031 (1280x960)
金口むき出しは危険なので、ビニールテープでぐるぐる巻きにします。

DSC_0032 (1280x960)
更に物干し竿カバー(巨大な熱収縮チューブ、100円)で保護して完成。
他にも塩ビパイプで金口をカバーしたり、金口を完全に切り取って基板に直接つなぐといった方法も良いかと思います。
ソケットを使わないこれらの方法は、長寿命なLEDだからこそ成せる事です。
電球型蛍光灯では球の交換を前提に考えなければいけなかったので、ソケットが必要でした。


【まとめ】
いつになってもなかなか安くならない水槽用LEDに対して、100lm/Wを超える高効率な汎用品が気軽に入手できる時代になりました。
今回は電球型にシェードを付ける程度の改造しか行っていませんが、基盤の取り出しなどを行うとより自作の幅は広がると思います。
古い蛍光灯を使った照明器具は、すべてLED化にするべき時代が来たと確信しました。
[ 2018/02/15 09:42 ] 器具・DIY | TB(0) | CM(0)

Factorio ロケット500発打上げ完了  [2017/04/14]


やっとロケット500発打ち上げることができた。
目標は1000発。
[ 2017/04/14 08:14 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

G級のドスファンゴは空を飛べるようになっていました!  [2017/04/06]


ドスファンゴが空飛べるとかやばいやろ・・・
ただの豚ではないと思っていたが、G級でこんな進化を遂げるとは思ってもいなかった。
[ 2017/04/06 20:12 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

MHXの最後の難関終了  [2017/03/24]


おそらくMHXで最も死にやすいクエ。
獰猛金銀に対してブシドー双剣で挑みました。
煙を炊き続けるのが癪だったので、煙無しで挑戦。
練習時間も含めて、合計3時間くらいの挑戦でクリアできたと思います。


MHXで最も体力があるクエ。
体力補正が殆どかかっていない獰猛四天王と、少しだけ補正がかかっている獰猛ゴーヤという獰猛5体のばかげたクエストです。
制限時間が50分なので、1匹10分、待ち時間の1分も含めると1匹9分で獰猛を倒さないといけない計算です。
開発陣は絶対にテストプレイしていません。(断言)
範囲攻撃やぴょんぴょん逃げ回ったりなど、ハメ殺してくれと言わんばかりの行動。
体力を上げたり肉質を悪くしたりで倒しにくくする改良。
ソロ狩り㋨事ちゃんと考えて開発しろ!!

いくら練習してもクリアできそうにないので、恥を忍んで不屈に逃げました。
それでもなかなかクリアできなくて、何回、何時間挑戦したかも良くわからなくなりました。
最終的にブシドー双剣・餓狼・機神双鋸
切れ味2・業物・不屈・捕獲の見極め
でクリア。
ゴーヤがもっとも戦いやすいのですが、他4匹に比べて圧倒的に体力があるので1番時間がかかります。
そのため、物理でも結構強い雷属性の機神双鋸を担ぎました。
1回の挑戦に最悪50分かかるので、もう2度とやりたくないです。
[ 2017/03/24 01:03 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

USB3.0ハブ購入  [2016/12/16]

DSCF1926.jpg
ANKERの4ポートUSB3.0ハブを購入しました。
ノートパソコン新調時に欲しかったのですが、いずれ安くなると見越して買わずにいました。
やはり正解で、わずか半年程の間に多数の製品が出て値段も急激に下がったようです。
今回はバスパワーの4ポートを1000円ちょっとで購入しました。
私はノートパソコンを放熱の為に足を付けて少し浮かせて使用しています。
この製品は厚みがわずか10㎜しかなくてその浮かせた隙間にも入るので、私の使用環境にぴったりです。

DSCF1927.jpg
USB3.0の機器はは2.4GHzの無線(wifi等)に干渉し易く、Amazonレビューに依れば特にこの製品はその傾向が強いようです。
今の所問題は出ていませんが、ノイズの漏れを減らすシールド目的で、アルミテープを本体とコネクタ部に貼り付けました。
更におまけでフェライトコアも取り付け。
ノイズは機器の誤作動だけでなく、wifiの速度低下などの目に見えにくい問題も起こすので、なるべく予防をしておきたいところです。
[ 2016/12/16 04:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)