適当な更新でコメント(1)を目指す

古い記事でも気軽にコメしていってね!

高コストパフォーマンスな自作LEDライト  [2018/02/15]

過去にチープな自作ライトを作ったが、時代はLED。
そこで電球型LEDを使って、より高コストパフォーマンスな水槽用自作LEDライトを作った。
材料をより簡略化したため、前回よりも初期費用を抑えることにも成功しました。

DSC_0002 (1280x960)
使用したLEDはこちら。
かなり前に買ったので、値段は忘れてしまった。
効率も5.6wで485lmなので、485/5.6=86.6 lm/wと現在主流のLEDとしてはいまいち。
現在ならダイソーで昼光色40W型485lm4.4Wが324円、60W型810lm7.3Wが432円で買えます。
共に110lm/Wを超える高効率で、私が好きな昼光色。

DSC_0001 (1280x960)
とりあえず殻割。
道具も使うことなく、意外と簡単に外せました。
私はなるべく高効率で使いたいので、光のロスとなるカバーはなるべく外すようにしています。
水槽照明としての配光的にも、カバーはない方が良い。

DSC_0003 (1280x960)
LEDチップはこんな感じ。

DSC_0006 (1280x960)
さらに高効率化を目指して、お菓子などに使われているアルミ蒸着フィルムを用意します。

DSC_0007 (1280x960)
LEDと同じサイズに丸くカット。

DSC_0005 (1280x960)
ショートしないように、露出している端子にビニールテープを貼り付け。
アルミ蒸着フィルムはアルミホイルと違って、ビニールに覆われているので通電はしませんが、念のため保護しておきます。

DSC_0008 (1280x960)
テープで仮止めしてから

DSC_0009 (1280x960)
LEDの部分を切り抜いてから、耐熱性のある接着剤で接着します。
今回はスーパーXで接着しました。

DSC_0011 (1280x960)
アルミ蒸着フィルムが浮き上がらないように、接着剤が固まるまでしっかりと押えます。

DSC_0012 (1280x960)
はみ出した接着剤にティッシュがくっついてしまいましたが、丁寧に取り除いてからアルコールでLEDチップをきれいにすれば問題ありません。

DSC_0016 (1280x960)
次にシェードを作ります。
今回は加工のしやすさと値段を考えて、紙コップを使いました。
まずは底を切り取ります。

DSC_0017 (1280x960)
内側にアルミテープを貼ります。
今回は手間を省くためにアルミテープを使いましたが、アルミホイルでも問題ありません。

DSC_0018 (1280x960)
こんな感じに貼りました。
後で切り捨てる部分もあるので、全面に貼る必要はありません。

DSC_0019 (1280x960)
LEDにかぽっとハメて

DSC_0020 (1280x960)
不要な部分をカットします。
後で配光テストをしますが、それで問題なければ外れないように接着剤で軽く接着します。

DSC_0021 (1280x960)
中はこんな感じ。

DSC_0026 (1280x960)
配光テストをします。
これは比較対象のコトブキフラットLED600です。
恐らく旧型の825lm14Wだと思われます。
新型でも1130lm14Wです。
お値段は6000円くらい。
新型でも100lm/W未満の性能で微妙ですね。
専用品は高い&使われているLEDチップが古く、低効率になりがちです。

DSC_0027 (1280x960)
こちらが今回作った物。
485lm5.6Wならこんなもんかな?
60cm水槽なら複数設置が必要です。
30キューブとかなら一つでもいいかも。
今回は古いLEDを使ったので、新しいLEDならより高効率の物ができます。
今ならダイソーの60W型810lm7.3Wが432円で、コスパ最高だと思います。
ソケットは手持ちのものを使いました。
当時の値段で400円くらいだったと思います。
現在の値段なら600円くらいで手に入る模様。

DSC_0028 (1280x960)
通常サイズの紙コップでシェードを作りましたが、意外とシェードが小さく感じたので、少し大きい紙コップで作り直しました。
シェードを紙コップで造る利点は、安くて簡単に加工でき、作り直しも楽です。
また、シェード自体を変形させることもできます。
例えばキューブ水槽なら、シェードを四角く折り曲げて、四角い配光にすることもできます。

DSC_0030 (1280x960)
ソケットが意外と高いので、コードを直接繋げました。
コードはジャンク家電から拝借。
ジャンク家電がなければ100円ショップの延長コードでも切れば良いです。
交流で±は気にしなくてもいいので、片方をねじ山部、片方を尻の部分にハンダで繋げます。

DSC_0031 (1280x960)
金口むき出しは危険なので、ビニールテープでぐるぐる巻きにします。

DSC_0032 (1280x960)
更に物干し竿カバー(巨大な熱収縮チューブ、100円)で保護して完成。
他にも塩ビパイプで金口をカバーしたり、金口を完全に切り取って基板に直接つなぐといった方法も良いかと思います。
ソケットを使わないこれらの方法は、長寿命なLEDだからこそ成せる事です。
電球型蛍光灯では球の交換を前提に考えなければいけなかったので、ソケットが必要でした。


【まとめ】
いつになってもなかなか安くならない水槽用LEDに対して、100lm/Wを超える高効率な汎用品が気軽に入手できる時代になりました。
今回は電球型にシェードを付ける程度の改造しか行っていませんが、基盤の取り出しなどを行うとより自作の幅は広がると思います。
古い蛍光灯を使った照明器具は、すべてLED化にするべき時代が来たと確信しました。


追記

youtubeにUPしました。
スポンサーサイト



[ 2018/02/15 09:42 ] 器具・DIY | TB(0) | CM(0)

今更夏のアクアネタUP  [2016/12/14]

写真を撮ったはいいものの、めんどくさくてUPしていなかったアクアネタを上げます。

DSCF1921.jpg
6月に卵を購入したメダカが、8月にはもう卵を抱えていました。
メダカの成長スピードには驚かされます。

DSCF1922.jpg
こちらは青水強化タライ。

DSCF1924.jpg
青水強化タライにはこのようにタッパーに穴をあけたものに化成肥料を入れて、ゆっくり化成肥料が溶け出るようにしています。
ガスで穴がふさがったりする可能性もあるので、底にも小さい穴をあけた方が良いかもしれません。
IB化成肥料の様にゆっくり溶ける肥料を使うのも手ですが、肥料が割高になること、肥料の選択肢が限られること、ゆっくり溶けるタイプには苦土(マグネシウム)などの高度を上げてアルカリ性に傾けるものがよくつかわれていることなどから、なるべく避けるようにしています。
これは数か月放置するタライに効果的で、1週間に一度見れる方は普通にえさ遣りを、1月に一度見れる方は極少量の普通化成肥料をやる感じでいいかと思います。

DSCF1923.jpg
ヤゴ防止用のネットを少し改良しました。
今までは縛ったり、ワイヤーネットなどの枠に張ったもので蓋をして、更に飛ばされない様に重石を置いていました。
縛ったものを解くのが面倒だったり、枠が重しで徐々に曲がったりと、問題点がありました。
ネットの両端に砂を詰めた塩ビパイプを取り付けることにより、ネットを捲るだけで観察でき、風邪で飛ぶこともなく、長期間使ってもネットを張り続ける事ができます。
この他にも、塩ビパイプの代わりに鉄筋を使ったものも造りました。
鉄筋は安くて切るだけなので加工が楽ですが錆びます。
砂入り塩ビパイプは少し割高で加工が面倒なのと、紫外線によるプラの劣化があります。
数年使って劣化度合いを比べてみようと思います。
[ 2016/12/14 04:46 ] アクアリウム | TB(0) | CM(2)

補充式エアダスター作成  [2016/07/13]

空気入れやコンプレッサーで補充できるエアダスターを作りました。

DSCF1911.jpg
自転車のチューブからバルブステムを取り出します。
これは一般によく使われる英式バルブステムですが、仏式でも米式でも構いません。
圧力を図って入れるなら米式仏式にしましょう。
写真のように根元を削っておき、リムナットを付けておきます。

DSCF1913.jpg
タンクとなる空缶を用意します。
今回は比較的サイズの大きいパーツクリーナーの空缶を使いました。

DSCF1914.jpg
上部にバルブステムが入る穴をあけます。
底でもいいと思いますが、缶を立てることができなくなります。
側面は強度が著しく低下すると思うので止めておきましょう。
穴のサイズは、リーマーで徐々に大きくしていくといいです。
半田で溶接(ロウ付け)するのでバリをちゃんととって、軽くヤスリをかけておくと良いと思います。

DSCF1916.jpg
このように取り付けて…

DSCF1917.jpg
今回はバーナーでロウ付けするので、缶上部が融けないようにアルミホイルで保護しました。
半田鏝で付けるなら必要ないです。

DSCF1918.jpg
ステン用半田(ヤニなし半田)とステン用フラックスを使ってロウ付けします。
ステン用半田とフラックスは100円ショップでも売っていた記憶があるので、ロウ付けをよくする人は持っておくといいです。
バルブステムがおそらくステンレスですので、普通のヤニ入り半田でうまく付くかはわかりません。
ロウ付け後はフラックスを水で洗い流して缶を乾かしておきます。

DSCF1920.jpg
虫ゴムを付けたバルブを取り付けて完成です。
空気入れやコンプレッサーを使って空気を入れます。
自転車の空気入れでガンガンに入るだけ入れると、実用で約25秒位の噴射時間でした。
ノズルを付けるとエアーが拡散しなくていい感じです。

コンプレッサーはでかくて持ち運び難い、エアダスターは不経済という方にお勧めだと思います。
中に入っているのは空気ですので、魚などのパッキングにも使えます。
野外採取(通称ガサガサ)に持っていくのも良いです。
[ 2016/07/13 08:33 ] 器具・DIY | TB(0) | CM(0)

実家水槽  [2015/11/07]

HI3A0075.jpg
とりあえず植えた。
テネルスが思ったよりかなり少なくてびっくり。
まずはワサワサに増えるまで待たないといけない。
クリプトの溶けと苔が心配だけど、頻繁に帰るのも面倒だから、照明時間を短めに設定だけしておいた。
やはり赤玉だけあってpHが低めだったので、サンゴを一欠だけ投入。
これもしばらくしたらpHを測ってもらって取り出して貰う予定。
[ 2015/11/07 11:21 ] アクアリウム | TB(0) | CM(0)

実家の生体、水草発注  [2015/10/26]

先日リセットした実家水槽に入れる魚と水草をチャームでポチった。

151009_0136~0001
・ミクロソリウム トライデント
右奥の岩組の隙間に
・クリプトコリネ ウィンティ オミヤ
小型で前中景向きの草だが、比較的大きな葉も展開展開しやすいということで、左奥から中程の後景草として
・クリプトコリネ ベケッチー
オミヤと似ているが、より小型なのでオミヤの前、中景から左手前の前景草として
・テネルス(ピグミーチェーンアマゾン)
前景草として
・ネオンドワーフレインボー
すごい悩んだ。
同じレインボーのニューギニアやバタフライ、群泳が美しいランプアイ、色々悩んだすえにこいつになった。

問題はどうやって入れる(植える)か。
実家の人間にやってもらうか、その日だけでも帰って自分でやるか…
[ 2015/10/26 23:49 ] アクアリウム | TB(0) | CM(0)