適当な更新でコメント(1)を目指す

古い記事でも気軽にコメしていってね!
月別アーカイブ  [ 2010年06月 ] 

お墓の文字の塗り直し  [2010/06/23]

お墓の文字に塗られている塗料が、剥がれてきたときの塗り直し方を書きます。
塗料がはげてきてみっともないなー、専門家に頼むのはお金がかかって嫌だなーという人は、是非見てください。

DSCF0937.jpg
まずはこの字。
かなり塗料が落ちていて汚らしくなっています。
生きているから赤字なのかな…?

DSCF0938.jpg
それからこの模様(家紋?)
金色がはげている部分があります。

今回はこの二つを直します。

DSCF0939.jpg
まずは歯ブラシなどで、しっかりと汚れを落とします。
水をかけながらゴシゴシし、土ぼこりなどは完全に落としてください。

汚れが落ちたら、乾かします。
乾燥を早める為に、タオルやティッシュなどで拭いてもいいですが、ホコリやチリが付かないようにそっとやってください。
季節にもよりますが、夏だとかなり早く乾きます。
息を吹きかけて、溜まった水を飛ばすだけでも、十分早く乾きます。

DSCF0940.jpg
DSCF0941.jpg
今回使う塗料です。
共に100円ショップで調達しましたw
赤が水性、金が油性です。
墓屋の息子に聞いたところ、油性でトタンと書かれているものを使うらしいです。
ですので、今回の水性赤はチャレンジですw
しばらくして駄目そうならこの記事で訂正させてもらいます。
始めてやる人、チャレンジ精神がない人は、大人しくホームセンターで油性の「トタン」とかかれたものを買って来て下さい。
それでも、墓屋に頼むよりはずっと安上がりなんですから…

DSCF0942.jpg
文字が乾いたら、塗料をしっかり混ぜて塗り始めます。
蓋は墓から離れて開けたほうがいいかもしれません。
勢い余って、蓋が飛んだりすると、お墓に着いてしまうかも知れません。
筆は使い捨てにするので、安いもので十分です。
ダイソーで3つで100円とかの奴で大丈夫です。
動物の毛は抜けて使いにくい場合があるので(経験済みw)、化繊の物の方がいいと思います。

DSCF0943.jpg
DSCF0947.jpg
こんな感じで、はみ出しを気にせずにベタベタと塗ります。
なんか赤の色合いが違いましたねw
安物だからか、水性だからか、薄い感じもします。
やっぱり、少なくとも油性にしておくべきでしたw
塗り忘れがないように、色んな角度から確認しながら、塗ってください。
塗料は基本的に薄めなくてもOKです。
ドロドロしすぎてあまりにも塗りにくい場合は、薄めてください。
(水性なら水、油性ならペイント薄め等)
たっぷりの塗料で塗ってしばらくすると、下のほうに塗料が垂れて溜まります。
この溜まった塗料はみっともないので、筆で吸い取って、取り除きます。
ティッシュで筆を何度か拭いて、その筆で余分な塗料を取っていくようにすると楽です。
塗り終わったら、しばらく乾かします。

DSCF0944.jpg
指で触ってもべとつくだけで、指に付かないくらいに半乾きになったら、カッターではみ出た部分を取り除きます。
乾かす目安ですが、半乾きの方が楽にはがせます、しかし、はがした塗料が文字内部にくっついたりして難しいです。
完全に乾いてしまうと、カッターで剥がす時に文字本体の塗料も剥がれてしまう恐れがあります。
とは言っても、かなり乾かしても大丈夫なので、始めてやる人や不器用な人は、はがした塗料が息で吹き飛ばせる位に乾かしてから、はがし始めるといいと思います。

DSCF0945.jpg
カッターを押し当てて余分な塗料を削ると、こんな感じで綺麗にはみ出した部分だけが削れます。
(子の下の跳ねの部分)

DSCF0946.jpg
カッターでも字全体を綺麗にして、ひとまず完成です。
細かい傷などに入り込んだ塗料は、カッターでは取れないので、ペイント薄め液などの溶剤で落とします。
この文字はめんどくさいのでカッターだけです。

DSCF0948.jpg
塗料が薄いと感じたので、2度塗りしました。
2度塗りすることによって厚みが出て、透けていた地(墓石)も見えにくくなります。
ただし、普通の塗料(ホームセンターで油性のトタン)を使って、薄めすぎない様に普通に塗れば、2度塗りはしなくてもいいと思います。

以上で終了です。
金色の模様の方は、写真を撮るのを忘れてましたw
こっちの方が綺麗に仕上がっていたので、少し残念です。
今回、赤4文字(2度塗り)と金模様2つ(1度塗り)で1時間強の時間がかかりました。
始めてやる人はもう少し時間がかかると思います。


DSCF0936.jpg
最後のおまけ。
こいつは去年塗った奴です。
ホームセンターで買った黒の油性を使いました。
丸1年たっても剥がれる様子はありません。
砂埃が付いてみっともないですが、まったくはがれていないのがわかると思います。
元は一番上の「子」よりも剥がれていたのを塗り直した物です。



※追記(2011.8.13)
塗料が初めて剥がれました。
塗料の耐久性について感じた事を、簡単にまとめます。

まず、ホームセンターで買った黒ですが、普通にブラシで擦る程度であれば、3年以上は持ちそうです。
しかし、洗剤などを使うともっと短くなります。
特にカビとりハイター等の浸透系の薬剤は使わないことをお勧めします。
このハイターをかけた所だけが、剥がれました。
逆に、塗り直すために古い塗料をある程度落としたい場合には、有効かも知れません。
水性塗料と油性塗料の違いは未だわかりませんが、おそらくよく言われているように油性の方が強いと思われます。
以下、感覚的なものですが簡単にまとめるとこのようになります。
塗料の選定、手入れの仕方の参考にでもしてください。

[ハイターなどの洗剤を使った場合]
油性:3年以下、水性:3年以下
[洗剤は使わずに、ブラシでゴシゴシ強く洗った場合]
油性:5年程度、水性:3年程度
[ブラシで優しくするか、ブラシも使わない場合]
油性:5年以上、水性:3年以上
+油性は水性よりも強いと言われている。
+同じ油性でも、100円ショップのものよりもホームセンターの物の方が、耐候剤などが入って耐久性はあると思う。
+剥がれれば塗りなおせば済むだけの話だが、手間等を考えるとホームセンターで買った方が良い。

※追記(2013.7.17)
塗り直しをしました。
今回行った手順をupします。

DSCF1610.jpg
ハイターでゴシゴシやられたせいで、随分剥がれてしまいました。
今回はこれを補修します。

DSCF1611.jpg
近くで見るとこの通り、ほとんど金色が剥がれて地が見えている所があります。

DSCF1612.jpg
まずは水でたわしを濡らして、ゴシゴシ擦って汚れを落とします。
なるべく腰のあるタワシを使います。
細かい所は歯ブラシなどもいいと思います。
本当はワイヤーブラシを使いたい所ですが、おそらく傷がつきます。

DSCF1614.jpg
更に強力に古い塗料を落とすために、パーツクリーナーを使いました。
吹きかけながらタワシで擦ります。
最後にパーツクリーナーをたっぷり吹きかけてから乾かします。
パーツクリーナーは脱水・脱脂目的も兼ねていて、塗料の付きを良くします。

DSCF1616.jpg
かなり古い塗料が落ちました。
これ以上落とすこともできますが、面倒なのでこの程度にしておきます。

DSCF1613.jpg
今回使う塗料。
100円ショップの油性金色です。

DSCF1618.jpg
フタを開ける前によく振ります。
溢れると大惨事なので、フタを開けるときは墓から離れて開けます。
缶塗料は結構開けにくいので、スプーン等の開ける道具を用意しておくといいかもしれません。

DSCF1615.jpg
今回使う筆。
毛の種類を見たら、化繊ではなくて動物の毛でした…orz
案の定、毛が抜けて非常に使い辛い。

DSCF1622.jpg
塗り残しがないようにぺたぺたと塗っていきます。
塗料は缶の底に沈みやすいので、毎回筆で底からかき混ぜるようにして使います。

DSCF1620.jpg
画像中央の様に、塗っていくと塗料がたれて溜まります。

DSCF1621.jpg
溜まった塗料はあまりよろしくないので、このように筆で吸い取ります。
キッチンペーパー等でコヨリを造って、それで吸い取ってもいいかもしれません。
吸いとったら、重ね塗りをするために乾燥させます。

DSCF1624.jpg
2度塗りでこんな感じ。
1度塗りだと塗り残しがあったり、下地の石が薄く見えたりします。

DSCF1627.jpg
これで3度塗りです。
今回は重厚感wを出すために3度塗りしました。

DSCF1628.jpg
ある程度乾かしたら、カッターの刃ではみ出し部分をこそぎ落とします。
本当は半乾き状態で行う方がいいのですが、初めて行う人や不器用な方は、しっかり乾かしてから行うのがいいかと思います。
これで補修は完了です。
実際に塗料が完全に乾くのには1週間近くかかるので、それまでの間は強く擦ったりしないようにしましょう。

DSCF1626.jpg
塗料がこれだけ余りました。
金は伸びが良くてかなり広範囲を濡れるので、この家紋程度であれば5回(3度塗り×5回)位は塗り直しができると思います。
しかし、1度開けた塗料は劣化するので、何度も古い塗料を使うのは控えます。


使った道具、費用をざっと上げておきます。
パーツクリーナー:170円くらい
油性金:100円ショップ
筆:100円ショップ
カッターの刃(代):100円ショップ
タワシ:100円ショップ
バケツ:転用

他にあると便利なもの
雑巾、新聞紙等:塗料がこぼれても大丈夫なように下に敷く
薄め液(シンナー):カッターで削れなかったはみ出しをこいつで拭き取る
キッチンペーパー:↑の拭取り用と、余分な塗料を吸い取ったり。ティッシュだと毛羽立つ
歯ブラシ:細かい所はタワシよりも使いやすい

かかった費用は600円ほどですが、筆やカッターの刃は1つしか使っていませんし、タワシなどは再度使えます。
パーツクリーナーは1/5程使ったと思います。
かかった時間は1.5時間程。
文字に比べて塗装面が細かいので、小さい面積にしては時間がかかりました。
炎天下での作業になるので、こまめに水分補給をするか、涼しい時期にやるのをお勧めします。




※再度なにかわかったら、この記事で追記として書かせてもらいます。
スポンサーサイト



[ 2010/06/23 03:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(16)