適当な更新でコメント(1)を目指す

古い記事でも気軽にコメしていってね!
月別アーカイブ  [ 2011年11月 ] 

群れで生きるのに、夫婦で子育てする魚  [2011/11/25]

アフリカのタンガニーカの魚の、「ロトゥンディベントラリス」が、群れで生きるのに自分の稚魚を識別して夫婦で子育てをする事がわかったらしい。
この魚は数百から数千の群れを作って、口の中で孵化させて育てるマウスブリーダーである。
雌が口の中で孵化させて少し育てたあと、雄に一部を渡して育てるという生態。

今回わかったことは、雌も雄も実の子供だけを育てていたと言うことである。
雄と雌の口の中に居る稚魚のDNAを調べた所、それぞれの親子関係が一致した。
このことから、雌は特定の雄のみと交配すること、交配した雄または雌を識別して稚魚を渡す(受け取る)ことがわかる。

一体、数百以上の群れの中から、どうやって交配した相手を見つけるのだろうか?・・・
人間の目で見ても、見分けがつくのは10匹くらいまでだろ・・・
スポンサーサイト



[ 2011/11/25 02:20 ] アクアリウム | TB(0) | CM(2)