適当な更新でコメント(1)を目指す

古い記事でも気軽にコメしていってね!
月別アーカイブ  [ 2015年07月 ] 

弾導強化はどれだけ強いのか計算してみた  [2015/07/04]

4Gになって追加されたスキルの弾導強化。
クリティカル距離が伸びるスキルであるが、どれだけ強いのかいまいちピンと来ない。
常にクリティカル距離が保てればこんなスキルは必要ないのだが、実際にはクリティカル距離から外れてしまうことが多々ある。
また、撃ちこむ隙があるのに、距離が開きすぎて撃てないということもある。
そこで、弾導強化を入れた場合と、入れずに代わりの火力スキルを入れた場合に、どれだけの差が出るのか計算してみた。


参考
■ 倍率340基準のスキル倍率一覧

1.300 火事場2 散弾強化(矢)
1.200 不屈2 散弾強化(弾)
1.148 無慈悲(45)
1.137 無慈悲(50)
1.127 無慈悲(55)
1.123 挑戦者2
1.111 弱点特効(45)
1.100 弾強化 不屈1 弱点特効(50) 射撃術
1.090 弱点特効(55)
1.075 見切りマスター
1.073 攻撃超
1.058 攻撃大 フルチャ
1.050 見切り3 暴れ撃ち
1.054 挑戦者1
1.044 攻撃中
1.037 見切り2
1.029 攻撃小
1.025 見切り1

まずは、上記表を使って、ガンナーの火力スキルの定番の弾強化と比較してみる。

※クリティカル距離の場合はダメージが1.5倍
※通常・貫通弾強化はダメージが1.1倍
a:倍率340時のダメージ
x:攻撃回数
弾導強化クリ距離攻撃*総攻撃回数=弾強化クリ距離攻撃*1回クリ距離を外した攻撃回数+弾強化非クリ距離攻撃
1.5ax=1.1*1.5a(x-1)+1.1*a
1.5ax=1.65ax-1.65a+1.1a
-0.15ax=-0.55a
x=0.55/0.15
x=3.6666…

この計算結果から、弾導強化を付けた場合100%クリ距離で撃てると仮定すると、
弾強化で3.7発中1発クリ距離を外すようであれば、弾強化≒弾導強化になる。
正確にはクリ距離が伸びることによって攻撃チャンスが増えるわけだから、もっと火力は上がるはずだが、比較が難しい。
弾導強化のクリ距離で立ち回って、50発撃ち込む間に14発を通常のクリ距離外で撃ち込む立ち回りができるのであれば、弾強化よりも弾導強化を付けた方がいいと言う感じか…



弾強化は火力ガンナーにとって必須スキルなので、次はもう少し比較対象になりそうなスキルで比較してみる。
また、銃シミュで実際のダメージを計算して、より正確に比較・検証をしてみる。

必須スキルとして回避距離UP・通常弾・連射矢UPを入れ、これに弾導強化と生存スキルの回避性能+3を入れて、残りを攻撃力UPに振ると次のスキルが組める。


防御力 [248→540]/空きスロ [0]/武器[0]
頭装備:GX荒天【光冠】 [3]
胴装備:ジンオウXレジスト [3]
腕装備:【胴系統倍化】 [胴系統倍化]
腰装備:マゴグコート [2]
脚装備:GX蒼天【羽袴】 [3]
お守り:兵士の護石(通常弾強化+5,攻撃+10) [3]
装飾品:射法珠【2】(胴)、強弾珠【1】(胴)、射法珠【1】、跳躍珠【2】×2、回避珠【1】、回避珠【2】、攻撃珠【3】
耐性値:火[-7] 水[12] 雷[5] 氷[1] 龍[-13] 計[-2]

攻撃力UP【中】
回避性能+3
回避距離UP
通常弾・連射矢UP
弾導強化
*水やられ小無効

次に回避性能+3・回避距離UP・通常弾・連射矢UPを固定して他の火力スキルを検索してみると、次のようなスキル構成が出てくる。
-------------------------------
[弱点特効]
攻撃力UP【中】
弱点特効
回避性能+3
回避距離UP
通常弾・連射矢UP
-------------------------------
[挑戦者+2]
攻撃力UP【小】
回避性能+3
回避距離UP
通常弾・連射矢UP
挑戦者+2
-------------------------------
他にも無慈悲のスキル構成があったが、攻撃力UP【中】・弱点特効の下位互換である上に発掘防具を使うので除外した。
この2つのスキル構成で弾導強化のスキル構成を比較してみる。

・武器は絶衝重砲【怒王】/通常弾2
・パワーバレル/リミッター解除/極限強化【攻撃】
・通常弾UP/ネコの射撃術/爪護符/鬼神グレードON
・アルセルタスの爪(肉質45で弱特の効果が一番出る)
・全体防御100

[弾導強化]
クリ距離:68
非クリ距離:45
[弱点特効]
クリ距離:76
非クリ距離:50
[挑戦者+2]
クリ距離:75
非クリ距離:50

先の計算と同様に計算してみると
[弱点特効]
弾導強化クリ距離攻撃*総攻撃回数=弱特クリ距離攻撃*1回クリ距離を外した攻撃回数+弱特非クリ距離攻撃
68x=76(x-1)+50
68x=76x-76+50
8x=26
x=3.25
[挑戦者+2]
弾導強化クリ距離攻撃*総攻撃回数=挑戦2クリ距離攻撃*1回クリ距離を外した攻撃回数+挑戦2非クリ距離攻撃
68x=75(x-1)+50
7x=25
x=3.57

初めに計算した弾導強化と弾強化の比較と似たような結果になった。
しかし、[弱点特効]は肉質45に全弾当てること、[挑戦者+2]は常に怒り状態で有ることを前提に計算したものである。
実際に運用するとなると、肉質45に半分程、半分程が怒り状態といった感じになると思われる。
そう考えると、先の計算結果は2倍ほどに増えるため、6-7発中1発クリ距離を外すようであれば、弾導強化を付ける方が良いということになる。
50発撃ち込む間に7-8発以上を通常のクリ距離外で撃ち込む立ち回りができるのであれば弾導強化を付けるべきであるとも言える。


このように計算してみると弾導強化がかなりの火力スキルであることがわかる。
距離を取ることによって咆哮外から撃ちやすくなる事や、貫通弾は全ヒットクリ距離で通しやすくなると言ったメリットも有る。
プロハン以外は、弾強化の次に付けるべき火力スキルなのかもしれない。
スポンサーサイト



[ 2015/07/04 23:40 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)