適当な更新でコメント(1)を目指す

古い記事でも気軽にコメしていってね!

小型エアストーンの比較(いぶきとスドー)  [2009/07/05]

底面フィルターや水作などによく使われている、プラストーン並の大きさのエアストーンである、いぶきの"10φ丸#100"とスドーの"バブルメイトS103-I"の比較をします。

小エアストーン
まずは大きさです。
バブルメイトはストーン部が20mm、全長が35mm位でした。
いぶきはストーン部が17mm、全長が30mm位。
てっきりいぶきの方はストーン部が30mmだと思っていたんですが、違いました。
長いエアストーンの場合は、ストーンの長さで表しているのに、紛らわしいですね。
ちなみに、プラストーンはストーン部が30mm、全長が43mm位です。
両方ともかなり小さいですね。

小エアストーン
外観はバブルメイトは作りが雑です。
上の写真も合わせてみればわかりますが、つなぎが曲がって接着されています。
写真だとわかりにくいですが、かなり曲がっています。
いぶきは面取り?もされていて、いい感じです。

実際の泡の出も調べてみました。
バブルメイトは普通の小さいセラミックストーン位の泡の大きさです。
新品のプラストーンと同じくらいです。
いぶきの方は「上の泡+細かい泡」といった感じです。
バブルメイトより小さいのにバブルメイトより優秀です。

総評ですが、普通に使う分ではどっちでも大差ないです。
CO2ならいぶきになりますが、普通のエアレーションやフィルターに使う程度なら、どっちでも大差ありません。
よって、プラストーンの置き換えとして買うつもりの方は安いほうを買いましょうw


追記
底面で使っていたいぶきのストーンですが、目詰まりを起こしたのかエアーの出が極端に悪くなりました。
水心3に直結しても元の排気量の1/3以下になった感じです。
結論として、底面などのエアリフトに使う場合、特に長期で使う場合は適しません。
同時期に使用し始めた、バブルメイトの方は今の所特に問題はありません。
エアリフトを使ったフィルターに使う場合は、プラストーン、バブルメイトS103-I、自作ストーン、ストーンなしwの四択でしょうか。
自作ストーンはプラストーンすら高いけど、ストーン無しは煩くて嫌、プラストーンよりも長く使いたいという人にはいいかもしれません。

えっ、いぶき10φ丸#100の存在価値?
"小さい+細かい+排気量少ない"が必要なケースなんて、ブライン湧かす時位じゃないですかねw
[ 2009/07/05 04:09 ] 器具・DIY | TB(0) | CM(2)
こんにちは。

ご無沙汰しております。
こういった比較はしたことがありませんが
いぶきの方が細かい泡が出るイメージはありますね。
[ 2009/07/05 20:37 ] ケンシロウさん@管理人 (URL) [ 編集 ]
>ケンシロウさん
ええ。
いぶきはもっと細かい#150も作ってますからね。
ただ、ポンプの負荷が増えるんで、#100が主流なんでしょうね。
[ 2009/07/05 21:53 ] フォームEWさん@管理人 (URL) [ 編集 ]
コメントの投稿(疑問、質問なんでもOK。古い記事でもOK)