適当な更新でコメント(1)を目指す

古い記事でも気軽にコメしていってね!

現在の水槽  [2009/03/16]

現在の水槽です。
水槽09.03/16
白濁が収まって、ピシッとした水になりました。
撮影用にライトを点けたので、モスキートフィッシュが眠そうです。

やっと環境が改善されたので、[2009/03/10]の記事の状態に至った原因と言いますか、経緯を書いておきます。

まず、トリガーはスポンジの詰まりです。
スポンジの詰まり

上部の流量低下 | ポンプの負担増加

スポンジやろ材を弄る | ポンプの故障(騒音)

ろ過能力の低下

水質悪化 | 砂糖添加の影響も重なって、白濁

ドワーフモスキートのメスが弱る | イトミミズの群れ

こんな流れかと思います。
イトミミズはおそらく増えたのではなく、酸欠か白濁を食べるためなのか、一時的に表に出てきただけだと思います。
まあ、あれだけの数が居ると言う事は、自然繁殖しているんだとは思います。
スポンジは古い物に戻して、ポンプは応急処置で直して、砂糖は自動添加から手動添加で極少量に切り替えました。
残念ながら、メスはまだ、かなりのフラフラ状態です。
餌を極少量しか食べれていないので、回復するかは微妙です。
もう1匹のメス親はバリバリ元気なんですけどね…
もしかしたら、内臓疾患とかになっているのかも。
[ 2009/03/16 11:30 ] アクアリウム | TB(0) | CM(2)
水草が青々していて素敵な水槽ですね。

その後、イトミミズはどうなったのですか?そのまま水槽に住んでるでしょうか・・・ちょっと気になったりして^^

はやくドワーフモスキートのメスが元気になると良いですね^^
[ 2009/03/17 18:17 ] 庵さん@管理人 (URL) [ 編集 ]
人様に見せれるようなレイアウトの水槽じゃあないんですけどね(;^ω^)
低床を弄ったときの穴はそのままだし、生体メインの水槽なんで、レイアウトしていないも同然です。

群れていたイトミミズは、白濁が収まるのと同時に消えました。
今は群れていないだけで、水槽の底面全体に生息しているようです。
低床のゴミを食べて、たまに魚やエビに食べられて、自然のサイクルです。

今から回復したとしても、もう産仔は無理かもしれません。
メス×2、オス×3で始めたんで、血が濃くならないように、もう少しがんばって欲しかったんですけどね。
もう1匹のメスは今日も産仔していたようで、調子はよさそうです。
[ 2009/03/17 19:27 ] フォームEWさん@管理人 (URL) [ 編集 ]
コメントの投稿(疑問、質問なんでもOK。古い記事でもOK)