適当な更新でコメント(1)を目指す

古い記事でも気軽にコメしていってね!

新聞紙・ダンボールの堆肥・マルチ  [2010/06/16]

新聞紙や、ダンボールなどの古紙が堆肥やマルチ資材として利用できるのは古くから知られている。
そこで、この堆肥の安全性について調べてみた。


独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所(http://www.nilgs.affrc.go.jp)によると、安全性は特に問題ないようである。
以下要点をまとめる。

・重金属を分析した結果、新聞故紙の色刷り部分で比較的高濃度の銅が検出。
・他の新聞紙・ダンボールは一般土壌中の存在量を超える重金属は検出されなかった。
・折り込み広告、漫画雑誌では、銅、鉛、モリブデンが検出
・感熱紙、カーボン紙では、亜鉛、銅、モリブデンが検出
・カドミウム、クロム、鉄、マンガン等については、いずれも一般土壌中の存在量以下
(http://www.nilgs.affrc.go.jp/SEIKA/animal/06/0613/0613.htm)

重金属という面では新聞紙、ダンボールはまったく使っても問題ないようです。
環境ホルモンとかの問題もありますが、まあ問題ないと思います。
もし問題があったら、新聞紙、ダンボールを子供が口に入れただけで大問題となるかと。

・プランターなどで極少量のマルチが欲しい人
・庭の土が硬かったり、水捌けが悪くて、大量に安い堆肥が欲しい人
新聞紙やダンボールを使ってみてはいかがですか?

堆肥やマルチとしての使い方を知りたい人はごめんなさい、googleへ行って下さい。
いろんな使い方がすぐに見つかると思います。
[ 2010/06/16 01:02 ] 園芸 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿(疑問、質問なんでもOK。古い記事でもOK)