適当な更新でコメント(1)を目指す

古い記事でも気軽にコメしていってね!

脱脂・汚れ落としに使う薬剤  [2011/02/17]

正しい接着や塗装には脱脂が必要不可欠です。
しかし、一口に脱脂といってもいろいろな薬剤と方法があります。
また、脱脂に使う薬剤の多くは油性であるため、これらは油性マジックなどを消すことも出来ます。

ここではコストパフォーマンスを含めた、脱脂方法の紹介をします。
いろんなものを造るDIYerから、いろんな汚れを落とす主婦まで、ぜひ参考にしてください。


★中性洗剤
中性洗剤で洗って落とすだけですw
コツはたっぷりの洗剤で良く泡立てること。
また、温度が高いほど落ちやすいです。
洗剤が残っていると元も子もないので、しっかり濯いで下さい。
メリットはものすごく安い点。
プラモの塗装とかだとこれで十分だと思います。

★クレンザー
研磨剤が入った、アルカリ性の洗剤です。
中性洗剤よりもはるかに強い脱脂力があります。
研磨剤で傷だらけになるので、プラには使えません。
手が油汚れで真っ黒になって、中性洗剤でも落とせない場合にこいつを使うと綺麗に落とせます。
クリームタイプと粉末タイプがありますが、粉末タイプの方が汚れがよく落ちます。
クリームタイプは粉が飛び散らなくて扱いやすいですが、コストパフォーマンスが高いのは粉末タイプです。
手の汚れを落とす場合は、粉末タイプに比べてクリームタイプは、倍の回数手を洗わないといけないです。

★ペイント薄め液・ラッカー薄め液
よくシンナーと言われている奴です。
脱脂力はなかなか。
しかし臭い…
値段は量によってかなり違いますが、かなりお手ごろです。
ペイントとラッカーの違いは、ラッカーの方が強いです。
共にスチロール等のプラを侵すので、注意が必要。
逆にガラスや金属に付いた汚れを落とすには最適です。
蒸発後に何か残りそうな感じがするので、接着時の脱脂には使いたくない感じ。
プラを侵す力で、シールの後などを強力に取ることができます。
はっきり言って、シール剥がし等を買う奴は頭がおかしいのかと。

★ベンジン
よく衣類に付いた油性汚れに使われています。
普通に衣類洗剤のコーナーで売られています。
ジッポオイルの中身も殆ど同じものだと思われます。
値段はお手ごろ。
脱脂力もまあまあです。

★パーツクリーナー
スプレーなのが特徴です。
値段もかなり安いです。
自転車のチェーンとか油でベトベトな所に使うと良いです。
プラやゴムを侵す物があるので注意です。
ただし、薄め液程侵すことはないので、かかっても大した事はありません。

★灯油
ベンジンと似た感じかと。
ただし、低揮発性の油なので、脱脂には不向き。
価格が安いので、頑固な油性の汚れ落としには最適。

★イソプロ(イソプロパノール、2-プロパノール)
値段以外は最高の脱脂剤と言っていいです。
薬局で1級や特級を買います。
十分な脱脂力をもちながら、すばやい揮発力とプラを侵さない安全性をもっています。
特にプラを侵さない安全性から、CD,DVDドライブのレーザーのクリーナー液としても使えます。
アルコールなので、殺菌・除菌剤としても使えます。
注射を打つときのあのスースーする液の匂いはイソプロです。

★エタノール
安全性や匂いの点で優れています。
イソプロと同じく、薬局で1級や特級を買います。
殺菌・除菌用として売っている70%程度のエタノールは脱脂力がかなり落ちるので注意。
同じ殺菌・除菌用でも、「無水」と書かれている奴は薄められていないので使えます。
エタノールのみの1級、特級、無水は酒税がかかっているため、他のアルコールと比べると割高になります。
脱脂力はイソプロよりも落ちるので、脱脂と言う点では、イソプロに完敗です。
CD,DVDドライブのレーザーにエタノールを使うと、細かい傷ができてよくないみたいです。
イソプロに脱脂力で負けるくせに、プラスチックへの攻撃性もこちらの方が悪いなんて・・・

★メタノール
アルコールランプの燃料として売っています。
毒性があるので、大量に使う場合は換気をしてください。
価格はお買い得です。
コストパフォーマンスが良いので、接着時の脱脂によく使います。
プラも侵しませんので、油性マジックを落とすのにも良く使います。


<メタノール/エタノール/イソプロパノールの違い>
すべてアルコールで、殺菌・除菌に使えます。
ただし、メタノールは毒性があるので、手肌の殺菌にはお勧めできません。
殺菌・除菌に使うには70%程度の濃度に水で薄めます。
別に薄めなくても使えますが、薄めたほうが殺菌・除菌力が高いです。
イソプロパノールは脱脂力も高いので、手荒れが気になる人はエタノールが最適です。
イソプロの殺菌力はエタノールよりほんの少し劣りますが、実際問題、差はないと言って良いです。
エタノール沈殿・イソプロ沈殿と言って、最終濃度70%程度のエタノールや50%程度のイソプロでDNAを沈殿させることが出来ます。
もし1世紀先にクローンとして自分を蘇らせて欲しいと言う人は、自分のDNA入りの細胞を70%エタノールまたは50%イソプロで保存しておきましょうw
脱脂力は炭化水素の多い順でイソプロ>エタノール>メタノールとなります。
エタノールは、プラスチックに極微小のクラックを発生させるため、レンズ等の汚れを落とす場合は、イソプロの方が適しています。

★水抜き剤
車のガソリンや軽油に混ぜる水抜き剤です。
イソプロが主成分で、メタノールやブタノールが入っているものもあります。
殆どの場合、防錆剤なるものが入っています。
脱脂に使う場合は、イソプロかブタノールが混ざったものを使います。
おそらくブタノールが入っている方が、脱脂力が強いと思います。
値段はかなりお得です。
防錆剤と言うデメリットがなければ、コスパ最高と言えます。

★アセトン
最強の脱脂力です。
ただし、プラを激しく侵します。
侵すと言うか普通に溶けるので、溶剤タイプの接着剤としても使えます。
[ 2011/02/17 04:33 ] 器具・DIY | TB(0) | CM(7)
原付を触るのにパーツクリーナーはお世話になってます。
750ml缶で特価だと198円とかで売ってますからね。
チェーンのオイルシールが痛むようなので注意が必要ですが。

此間、灯油で自転車のチェーンを洗浄しました。
通販の実演並みに、浸けて揺するだけで見事な仕上がり。

無色の灯油が重油のような色になりましたが・・・。
[ 2011/02/18 01:46 ] 名無しさん@管理人 (URL) [ 編集 ]
>takaさん
やっぱりある程度のサイズの機械物になると、安さや手軽さからパーツクリーナーの独壇場になりますよね。
自分は結露を起こしてしまうのがあまり好きじゃないですよね。

自転車のチェーンは中性洗剤で洗う道具とかありますよね。
しかし洗浄力は溶剤には太刀打ちできない。
灯油で汚れを落として、汚れた灯油は廃油ストーブという流れはすごく無駄がなくて、憧れます。

自分は自転車のチェーンははずすのがめんどくさいんで、よく5-56をぶっ掛けています。
こいつでパーツクリーナーの様に汚れを落としてから、ちゃんとした油を少し挿しておくと、いい感じ。
[ 2011/02/18 02:33 ] フォームEWさん@管理人 (URL) [ 編集 ]
>>はっきり言って、シール剥がし等を買う奴は頭がおかしいのかと。

頭のおかしい奴はこんな発言をするんですね、勉強になりました。
[ 2013/03/15 08:08 ] あさん@管理人 (URL) [ 編集 ]
>あさん
そういうことです。
勉強になってよかったですね。
[ 2013/03/16 02:42 ] フォームEWさん@管理人 (URL) [ 編集 ]
こんにちは!
参考になります。
突然恐縮ですが少し質問させてください。
上記文面から、脱脂能力の強さ順では

アセトン>IPA>エタノール>メタノール

に見えます。
これは何か客観的データで証明できるものなのでしょうか。
[ 2013/10/04 09:24 ] KKさん@管理人 (URL) [ 編集 ]
>KKさん
客観的データでと言うと証明できません。
まず、脱脂能力というものの定義をしなければいけませんし、そのようなものを定義した文献等も、私は専門ではないので見たことがありません。
ただし、どれだけ疎水性(親油性)かの文献はおそらくあると思います。
また、化学構造を見てみると、IPA>エタノール>メタノールの順で疎水性が強くなっている事はわかると思います。
アセトンはアルコールではないので単純に比べることはできませんが、脱脂以前に多くのプラスチックを溶かしてしまう有機溶媒です。
とまあ、なるべく客観的に説明するとこんな感じですが、いかがでしょうか?

有機化学を少しでもかじったことがある人や、各溶媒を使ったことがある人は、アセトン>IPA>エタノール>メタノールの順と答えると思います。
アセトンは先程述べたようにプラスチックさえ溶かしますし、実験器具の洗浄等にもよく使われます。
エタノールとメタノールでは油性の汚れに掛けた時に明らかにエタノールが上なのがわかりますし、IPAとエタもIPAの方が若干上なのがわかります。
ただし、これは単純な親油性の大小だけではなく、揮発のし難さ等も大きく関わっていると思われます。

ここまで長文を書いておいてあれですが、「使ってみればわかる」というのが、客観的でもデータでもないですが、私の意見ですw
[ 2013/10/05 21:52 ] フォームEWさん@管理人 (URL) [ 編集 ]
ご回答どうもありがとうございます。

自分自身すべての溶剤を使用したことがあるので
実感としてはわかるのですが、
人に説明するときにはなにかデータがあると
いいな~と思ってたもので。

せっかく返信いただいたのにご連絡が遅くなり失礼しました。
[ 2013/10/13 13:01 ] KKさん@管理人 (URL) [ 編集 ]
コメントの投稿(疑問、質問なんでもOK。古い記事でもOK)